5月11日から一週間の星の動向

コダマ凛です。

更新が遅れましたが、すうかげつの流れが今週は動きましたのでアップ。

土星逆行、金星逆行、木星が逆行し、少し流れが不安定さを醸し出します。経済の行き詰まりを感じさせる流れがあります。
今できることをすることも大事ですが、基盤をしっかりとすること、社会の根本を見直すような週となることでしょう。

今週は、土星や金星、そして木星の順番に逆行を始めます。

3月中旬から4月後半まで惑星は順行で揃っていたのですが、冥王星が逆行し、そして今週逆行を始めます。

土星ー逆行5月11日12時38分水瓶座1度あたりー9月29日山羊座25度辺りまで

金星ー逆行5月13日16時08分双子座21度あたり

木星ー逆行5月14日23時山羊座27度あたりから


 

月は、山羊座、水瓶座、魚座、牡羊座と移動します。

5月13日本日はすでに月は土星と重なり、牡牛座90度。

人は辛いことがあっても別れがあって次の展開を行う必要があります。

切り替えることが大切なのですが、切り替えてはいけないこともあるということを知らねばならないのだろうと思います。

星の運行を観ているとこの世界に流行があるように不易流行という言葉を思い出します。

いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。 また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。

とネットで出てきます。

世の流れに対応しすぎると外界の世界と合わせる。自然界の脅威は私達を待ってはくれません。

しかし、その変化に対応したり、危機意識が強すぎるとそればかりに目が行ってしまいます。

対応力ありすぎということもあり得るのではないでしょうか。今の時代は自然災害も心配ですが、人災の怖さはもっと怖い。

しかし、世の中がしっかりと基盤があり、皆が等しく安心できるということは変わらないのではないでしょうか?

確かに私達はずっと続くことを願うのですが、この世界は変化することだけが普遍であることを学ばねばならないのですが、

変わることを良しとしないといけないこともあると思うのです。

平和であること、皆が平等であることなど人類が皆この地球上で幸せであることとはどういうことなのだろうと

問いかけること。そして恐らく皆が幸せであると思うことはそう違わないのではないでしょうか。不幸は多彩だなと思うのですが。

人はただ星の影響に反応しているだけとも言えるので

意識的に変わらないでいるべきことを守らないといけないと思うのです。

今、憲法や検察庁の定年を延期するという問題が浮上しています。

皆さんはどう思われますか?


 

太陽は、牡牛座20度あたりから牡牛座26度へ移動していきます。

水星は牡牛座から双子座へ

金星は双子座21度あたり

火星は水瓶座から魚座へ

木星は逆行を開始します。

土星は水瓶座に滞在から山羊座へ逆行を開始します。山羊座に戻るのは7月

何らかの情報やコミュニケーションが解放的になったと感じる方も多いかもしれませんね。

次の更新にて続きとなります。

 

[st-card id=3338 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=3353 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=3359 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

Follow me!

アカシックライフヒーリング

アカシックライフヒーリング
あなたのライトボディに記録されたアカシックレコード情報を読み解き、あなた自身と宇宙がよりよい関係であるように行います。

コメントを残す