寺島しのぶさんを占いました。

寺島しのぶさんがベルリン音楽祭にて、最優秀女優賞を受賞とのことで気になるので調べてみました。受賞されたの2010年ですので早いですね。再登録。


お誕生日:1972年12月28日

う~ん、ただいま、寺島しのぶさんの山羊座太陽に冥王星がのり、

もともと太陽が冥王星と90度です。

大変な努力を要する方かとおもわれます。努力家であるが、なかなか評価を得るには、時間がかかりそう。

冥王星と太陽が90度ということで先祖や家など、そして男性的な価値観により自分の人生の目的を阻む、阻害される傾向。挫折を味わわせるという配置。

男性ですと家を継ぐべき人が継がなかったりなども起こります。

女性として生まれて歌舞伎の世界にはいられなかったということがとても辛かったと仰っているのを何かで聞いたか読んだかしたことがあります。歌舞伎がやりたいが、女性であるので出来なかったという挫折。山羊座太陽ですのでより社会や伝統的な社会の決まりごととの衝撃を受ける人生。

家や先祖が彼女の意志を折れさせるような体験をさせるといえますね。

女性ですので男性に対してちょっと腰砕けさせるようなところがあることも考えることができます。

確かに受賞されるタイミングとも言える時期ですね。

他には、プログレスの太陽と月が30年に一度の目標変更的な時期かな~誕生時間がわからないのではっきりと言えないのと、もう過ぎているのかもしれないし、これからかもしれませんが、一つの大きな節目を迎えていらっしゃいます。

そのプログレス太陽とネイタル月と土星と風のトライアングル、大三角形、グランド・トラインが出来ています。

太陽と月からみても、真面目だし抑圧的でもあります。

月と土星が絡むと、大変努力家だし、地道感あります。

家がしっかりとした家元であられるというのも表していますね。

月は天秤座だし、求められるところで自分を表現ですし、

自分がないともいわれてしまう天秤座さんとしては、ない方がよいのでないの?な俳優さんや女優やモデルさんにもぴったりなものをもっています。

育ちが華やかなたくさんの人との交流があることも垣間見ることができます。好き嫌いなく人と大勢の方と関わり、向かい合う人によって自分が表現されます。

やはりエンターテイメントな方向は獅子座が強い。

しかし、獅子座がないのでちょっと残念。

しかしテレビタレントでもないので構わないのかもしれない。

その冥王星にはいま時点、土星が重なり、魚座の木星がネイタル太陽と良い角度をとっています。

プログレス太陽は生まれてきてから、生きてきた中で培った自分の実感なので、

プログレスの太陽と月が重なるということで今までの方向性とこれからの

目的を新しく書き換えるということでしょう。

ああ=頑張ったよ~うるるですよ。本当に、嬉しかったはず。

射手座に金星や水星など3つほど射手座にあり、外国で愛される、評価えたりとよいですよね。

ご主人がフランスの方だし、そりゃそうだ。この自由な感覚をもってすると

ちょっとおてんばですし、フランクな方かとおもいます。

それに自分の能力をアピールできるような場のほうが生き生きと生きていけるし、認められそうです、語学にもたけそう。コツコツ地味で堅実なところがあるが狭い世界にはなかなか収まりにくいし、実力は発揮しにくいです。

出られている映画も歌舞伎のご出身にしたらなかなかハードですし、お母様からの反対のようなこともあったということを仰ってましたね。

ちゃんと認めてほしいのに家族から反対が多かったのはうなずけますが、今、実を結んだ感じ。

プログレス太陽は、水瓶座なので、山羊座の世界を超えて、友人や仲間と分かち合っている感じも強いのではないかと。海外の方と結婚されたのも、出来上がった社会から抜け出す水瓶座らしいともいえます。

家を飛び出したら、自分をわかってくれる人たちが広い世界にいたんだね。

人は生まれた時の器(生まれた時の星の配置)を超えていく。

素晴らしい。

お写真は、wikipediaさんからお借りしました。よいのかな?

どこまで欲が深いんだろうー寺島しのぶインタビュー記事

関連記事

  1. 再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

  2. ジャコメッティを占う。

  3. ジョージア・オキーフ「アメリカモダニズムの母」

  4. ケン・ウィルバーさんを占いました。

  5. 独自の感性で歩む自立した女性像・樹木希林さん

  6. 北朝鮮建国図と今の星の配置から考えてみた。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.11.29

    離婚ーミッチと檀れいさん。全体性に回帰する方向転換。

  2. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  3. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  4. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  1. 2018.12.12

    魂の計画を知るー恒星とつながろう。

  2. 2018.12.05

    12月の星の運行と月の満ち欠け。

  3. 2018.12.05

    講座関係の記事はスクールサイトへ

  4. 2018.12.05

    プロキオンとエニグマ・フレディ・マーキュリー:恒星を読む…

  5. 2018.12.03

    生まれた時の星の配置(ネイタルホロスコープ)は未完成ー星…