チャクラについて

スピリチュアルって何だ?ヒーリングはどのような背景があり行われていてどのように成果が得られることが
考えられるのかていうのを少しずつですがお伝えしたいと思います。

体験することでご自分なりに見えないし、言葉ばかりで伝えられていることが

ご自分に根付いていくことを実感していただけるかと思います。

そして認識できないことを言葉でとらえようとしてもそれは体験とは違ったものにもなるような

傾向もあります。

出来るだけ体験を大事にしてくださいね。

e1e78f06e530c1a70791120ef4bddcb2

space-634017_1280

ヒーリングのご紹介と共にチャクラの働き、なぜチャクラをクリアリングし調整、バランスさせることが必要なのか?ということ。

チャクラは、人間と多次元宇宙とを結びつける特殊なエネルギー中継点ともいえます。

チャクラは微細エネルギーである光の身体に接続する多次元世界への入り口となります。

そこから取り込まれた高次の波動エネルギーはチャクラによって処理されます。

吸収されることによって物質的身体に変化をもたらし、健康、心理、霊的な側面に働きかけます。

チャクラは全身にいくつもあるといわれていますが、基本は7つあります。

7つの各チャクラは主要な神経叢や内分泌腺、内臓と結合しています。

物質的身体の各部位に分配される「養育的」な微細エネルギーが、チャクラをつうじて供給されるという点にある。そのエネルギーは「宇宙エネルギー」「プラーナ」とも呼ばれています。

その宇宙エネルギーは下のチャクラから上のチャクラに流れていき、全身をオーロラ、そしてクモの巣のように張り巡らされています。

チャクラにも7つあり、またチャクラにも7つの層もあります。肉体の外に広がるオーラにも7つの層があります。

チャクラがまた高次の知覚に関与しているということは、「エーテル体」「アストラル体」「メンタル体」そしてさらに高次のスピリチュアルなレベルというあらゆる階層のエネルギー身体からおくられた波動エネルギーを受け取る機関であるからである。

資料:バイブレーションメディスン リチャード・ガーバー 日本教文社

関連記事

  1. シャーマニズム)心霊の世界を旅する存在

  2. クリスタルヒーリング・グリッド:モルダバイトそしてターコイズ…

  3. 何度もみた夢はなんでしょう。

  4. ビーチ:寛容と理解

  5. 香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  6. 存在の形態、地球グリッド、植物。

  1. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  2. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  3. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  4. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さん「強靭な精神力、そしてやさしさ」

  1. 2018.11.06

    11月6日 繋がる、繋げるわたしから。

  2. 2018.11.05

    レポート)没後50年 藤田嗣治展「生きる姿を観た回顧展

  3. 2018.10.23

    再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

  4. 2018.10.22

    アニマルメディスン)運の休息を大事にすごすと運命が動き出…

  5. 2018.10.21

    ロシアンレムリアンの鉱山からの情報