魂の暦~太陽とともに光満ちる

ルドルフ・シュタイナーに「魂の暦」という名の本があります。
この地球上で生活する私達が、地球と、そして宇宙と日々つながれるようにこの暦が書かれています(「魂の暦」とともに、マンフレッドクリューガー)

魂の暦は、地球だけでなく太陽のともにつながるために、復活祭から始まる一年と通しての瞑想の道です。

一週間に一度巡る瞑想の時間としても更新をしてまいります。

この地球上にいきるものが、地球、そして太陽、そして宇宙とつながる瞑想の言葉です。

その太陽の道を歩きながら、自分自身をみつけ、そして魂とともにあることを知るのです。

関連記事

  1. 第7週 魂の暦

  2. 魂の暦~第4週 感じること、思考すること。

  3. 第15週 魂の暦

  4. 第44週 魂のこよみ

  5. 第33週 魂のこよみ

  6. 第46週 魂のこよみ