魂の暦~第4週 感じること、思考すること。

「私は自分の本当の存在を感じる」

感性はこう語り

太陽の明るい世界の中で

満ち溢れる光とひとつになった。

そして明晰な思考に

あたたかなぬくもりを贈り

人間と世界をしっかりと

強く1つにつないでいく。

第4週にはいりました。魂の暦

先日、4月20に太陽は牡牛座に入座しました。牡牛座は感覚のサイン。

そのまんま、魂のまんまの牡羊座が牡牛座という肉体を得るという段階に入ります。

わたしたちは太陽の光を内に招き入れ、その光と肉体のダンスを

我が内に感じる。それはまるで大釜の中で生命が混ぜ合わされるように活気づく。

思考ではなく、感覚、感性。感じることがそとに広がる緑のまばゆい光に、その暖かさに希望を感じることができます。

下記ほんの中には、

わたしたちが感じた感性の暖かみが、思考を暖かくする。

透きとおり貫くような冷たさをもつ思考が、暖かさと1つになる。

『魂の暦』とともに

『魂の暦』とともに

アストロシャーマン。コダマ凛

個人セッションや講座・ワークショップは随時承っております。

kodamarin.net

関連記事

  1. 第28週 魂のこよみ

  2. 第24週 魂のこよみ

  3. 夏 第14週 魂の暦

  4. 第30週 魂のこよみ

  5. 第27週 魂のこよみ

  6. 魂のこよみ 25週

  1. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  2. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  3. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  4. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さん「強靭な精神力、そしてやさしさ」

  1. 2018.11.16

    ローズー宇宙のロゴスと宇宙的な愛

  2. 2018.11.06

    11月6日 繋がる、繋げるわたしから。

  3. 2018.11.05

    レポート)没後50年 藤田嗣治展「生きる姿を観た回顧展

  4. 2018.10.23

    再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

  5. 2018.10.22

    アニマルメディスン)運の休息を大事にすごすと運命が動き出…