第6週 シュタイナー「魂の暦」

シュタイナー、『魂の暦』第6週です。

狭い枠から復活した

私の自己は

世界の全てを明らかにしながら

時間と空間の力のなかでおのれ自身をみつけだす

見渡す限り広がる世界はいたるところで

神なる原初の像としての

真の私の似姿を映しだしてくれる。

目の前に広がる世界がまるで自分自身だと感じる。

自分自身が拡がり、世界を満たし、満たされている自分自身を感じる。

どこにも狭苦しい自己はありません。

世界にあるすべての存在に自分自身を見出す一週間です。

『魂の暦』とともに

『魂の暦』とともに

関連記事

  1. 第12週 ヨハネ祭の情景 魂の暦 

  2. 第13週 魂の暦

  3. 第15週 魂の暦

  4. 再び春へ

  5. 夏 第14週 魂の暦

  6. 第46週 魂のこよみ