第6週 シュタイナー「魂の暦」

シュタイナー、『魂の暦』第6週です。

狭い枠から復活した

私の自己は

世界の全てを明らかにしながら

時間と空間の力のなかでおのれ自身をみつけだす

見渡す限り広がる世界はいたるところで

神なる原初の像としての

真の私の似姿を映しだしてくれる。

目の前に広がる世界がまるで自分自身だと感じる。

自分自身が拡がり、世界を満たし、満たされている自分自身を感じる。

どこにも狭苦しい自己はありません。

世界にあるすべての存在に自分自身を見出す一週間です。

『魂の暦』とともに

『魂の暦』とともに

関連記事

  1. 魂の暦~第三週 成長していく人間の自我

  2. 第34週 魂のこよみ

  3. 魂の暦~第4週 感じること、思考すること。

  4. 第10週 魂の暦

  5. 第16週 魂の暦

  6. 第15週 魂の暦

  1. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  2. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  3. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  4. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さん「強靭な精神力、そしてやさしさ」

  1. 2018.11.16

    ローズー宇宙のロゴスと宇宙的な愛

  2. 2018.11.06

    11月6日 繋がる、繋げるわたしから。

  3. 2018.11.05

    レポート)没後50年 藤田嗣治展「生きる姿を観た回顧展

  4. 2018.10.23

    再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

  5. 2018.10.22

    アニマルメディスン)運の休息を大事にすごすと運命が動き出…