第7週 魂の暦

魂の暦

世界の光に強く引き寄せられ

わたしの自己は今まさにわたしから逃げ去ろうとしている。

だからこそわたしの予感よ

思考の力に代わって現れ

おまえの正しい力を発揮せよ。

自然界の輝きのなかで

いま思考は、みずからを失おうとしているのだから。

予感とは浄化された感情である。

わたしたちは静寂とともにあり、予感が訪れる器にならなければいけない。

そうでなければmわたしたちの自己は輝く光のなかでみずからを失うことになる。

予感の力を通して、魂は自分を失わないようにしていける。

予感は外界の自然に向かいません。

そうではなく予感は崇高なる精神と取り組んでいるのですから

 下記書籍より抜粋

『魂の暦』とともに

『魂の暦』とともに

復活祭よりはじまった魂の暦ももう7週です。

予感に導かれた日々でありますように。

関連記事

  1. 第33週 魂のこよみ

  2. 第19週魂のこよみ

  3. 第13週 魂の暦

  4. 第30週 魂のこよみ

  5. 第一週・復活祭の情景

  6. 第35週 魂のこよみ