第16週 魂の暦

魂の暦第16週

精神からの贈り物を心の奥に大切に秘めよ

予感が厳しく私に要求する。

それは神の恵みが熟しながら

魂の奥底で豊かに

自我の実りをもたらす為だからである。

日本列島は雨と地震でワヤですやんと思いながらも

活発に動く人、心の中でたくさんの変化がみなぎっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

夏の時期はまさに太陽の光の強い力と共に目に見えない様々な存在達が私達に力を与え、働きかけています。

なぜなら私達は世界に、宇宙に果てしなく広がっているからです。

予感と言う言葉が出てきたのは第7週。

予感とは浄化された感情とあります。予感は常に未来へと繋げてくれます。

シュタイナーの「魂の暦」をお伝えしています。
そこには一年を通して太陽の力、地球と太陽、そして宇宙の関係の中に自我の目覚め、そして精神の働きを見つけていく力を見出す体験を日々の中で見つけていく試みです。

関連記事

  1. 第17週 魂の暦

  2. 第28週 魂のこよみ

  3. 第31週 魂のこよみ

  4. 魂のこよみ 25週

  5. 第11週 魂の暦

  6. 第12週 ヨハネ祭の情景 魂の暦 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA