サンダルフォン・ウィリアム・モリス・美しい人生の創造を行うことのきづき

「日常の中に愛と美を表現する。それが地上に天国を創るもととなります」

「日常の中に愛と美をみいだすように、人間の意識に働きかける」のは天使サンダルフォンと言われています。
昨日からサンダルフォンに肩を叩かれるような気持ちで目がさめる私です。

そうそう、私こんな気持で生きてきたやんと。地球に来た人らは、みんなそうなんやろうということ。
ちょっとその日常に混濁するんでしょう。
サンダルフォンは、地球に生まれてくる子供達が大好きだ。
そして人間の祈りを天に届けてくれて答えも人々にもたらします。
こんな日はたくさんの祈りを届けましょう。
昨日は、ウィリアム・モリス展にいってまいりましたよ。
20代までは完全にクリエイティブ関係?絵を描いたり、ものを作る仕事に携わりたいとおもっていたので、
未だに初心を思い出させてくれる存在はアーティストです
植物の絵ばかりを描いていた私にはウィリアム・モリスさんがある意味、最強なのです。
そして、ウィリアム・モリスがいるのに今から何かをしようとするのもどうなんだ?なんて
生意気にも思いました。
ウィリアム・モリスさんの言葉です。

役に立たないものや、美しいと思わないものを、家に置いてはならない。

なかなかこころに響くような言葉でもありますし、日々の無駄なものに取り囲んでいる自分を省みる言葉でもあります。
気に入ったもので囲まれる生活も幸せなものです。持たないでもいいし、持ってもいい。
しかし、美しいと思うもので自分自身の生活をあたためると気持ちが良いものです。
美しいものはつくり手の歓びにもあふれていますから。
私も自分の人生を創る美しい担い手でありたいものです。


ウィリアム・モリス展が行われた「大山崎山荘美術館」も素敵なスペースでした。小規模ながらもウィリアム・モリスなどの作品も鑑賞することが出来てよかったです。
それと、モネの睡蓮が観れます!
ご一緒した友達もあまりの暑さにへたばっておりましたが、満足だったとのことでした。
次回のサム・フランシスの色彩
次回のサム・フランシスも楽しみなところです。

アストロシャーマン・コダマ凛セッションについてはこちら
大阪中央区森ノ宮駅前スピリチュアルサロン&リーディングSpace/hyperion

関連記事

  1. 2018年4月27日 星の練習生

  2. 5月24日 美しさのなかで私の心と身体の働きが整っていく。

  3. 6月7日 純粋な思いがあなたの頭を書き換える

  4. 28062015 だって面白そうなんやもんなぁ。

  5. 月は乙女座の最後を移動

  6. 2017年最後の新月。土星山羊座への最後の太陽との邂逅。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.11.29

    離婚ーミッチと檀れいさん。全体性に回帰する方向転換。

  2. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  3. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  4. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  1. 2018.12.12

    魂の計画を知るー恒星とつながろう。

  2. 2018.12.05

    12月の星の運行と月の満ち欠け。

  3. 2018.12.05

    講座関係の記事はスクールサイトへ

  4. 2018.12.05

    プロキオンとエニグマ・フレディ・マーキュリー:恒星を読む…

  5. 2018.12.03

    生まれた時の星の配置(ネイタルホロスコープ)は未完成ー星…