タロットパスワーキングって

タロットパスワーキングってどのような目的でおこなうのですか?

集合無意識、潜在意識には私たちが共有して記憶、思いがあります。

知らぬ間に私たちは誰かのような人生を送っていると感じることはないですか?


団的無意識という概念は心理学者C・G・ユングによって今世紀になって創り出されたものです。人間の精神は、何十万年にわたる人類の経験によって形成され、影響を受けてきたとユングは主張する。この経験の集約された本質が、我々一人ひとりの心の奥深く潜んでいる。意識の下に、個人的無意識、つまり、個人の蓄積された経験と記憶が存在する。そしてその下に、全人類共通であって決して個別化できない、集団的無意識がある。「元型(アーキタイプ)」、集団的無意識の原始的で強力な心象が、夢や幻想の中に、神話の象徴のなかに、詩や宗教の中に表現されている。タロットカード、一枚一枚に深く沈潜していくとそこに原始的元型ともいえる象徴と接触することが出来ます。

私たちは何故自分自身をその物語の一人として、イメージしてしまうのでしょうか?知らぬ間に誰かと、ある人と同じような物語を生きてしまうのでしょう?

より深くその集団的無意識の象徴を体験することによりその象徴的体験をすることにより、経験や記憶を書き換えていく体験を パスワークで体験してみましょう。


トートタロット 序文を再構成しています。

初心者の方もご参加ください。

タロットカードは、大アルカナと小アルカナを含めて78枚が一セットとなります。その中で22枚の大アルカナを扉にして集合無意識的な領域を探索することで、4次元領域の地図として扱う事が出来ます。小アルカナを使用して階層を探求することワークショップも検討中。私たちの意識は自分の癖や思い入れによって偏った意識世界地図を知らぬ間に歩いているという状態を繰り返している可能性が高いのです。タロットカードにはそれぞれの意識の状態が描かれているので、そのタロットの意識の扉を開き、4次元領域の地図をあるくことによって、瞑想によってその一枚一枚のタロットが担当する意識領域を開拓する行為となります。自分自身の価値はある意味自分にとっては大事であるのですが、その大事さや思い入れによって偏りが出来てきます。自分自身を特定の生き方から外に連れ出す為に

タロットは使える道具ともいえます。

今いる場所から違う場所に移動する為には、移動する、なりたい状況を引き寄せる意識を知ることが必要であり、体験することによってエネルギー的には同じものとなります。既にそのようになるというと言うことでは、より引き寄せる力は増すことになります。し、自分自身が苦手な領域や偏りを理解して、現実とのフィードバックを見直すことが簡単にできるようにもなります。



👋

関連記事

  1. タロットは当たるのですか?当たらないのですか?

  2. チャクラについて

  3. レムリアンシードクリスタル

  4. クリスタルヒーリング・グリッド:モルダバイトそしてターコイズ…

  5. ブロックを外して習慣を変えて、次へ進む。

  6. 香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.11.29

    離婚ーミッチと檀れいさん。全体性に回帰する方向転換。

  2. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  3. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  4. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  1. 2018.12.12

    魂の計画を知るー恒星とつながろう。

  2. 2018.12.05

    12月の星の運行と月の満ち欠け。

  3. 2018.12.05

    講座関係の記事はスクールサイトへ

  4. 2018.12.05

    プロキオンとエニグマ・フレディ・マーキュリー:恒星を読む…

  5. 2018.12.03

    生まれた時の星の配置(ネイタルホロスコープ)は未完成ー星…