11月5日 世界は実験し、発明されることを待っている。

世界は実験し、発明されることを待っている。

色々な人と付き合いたい、もっと広い世界であること。

そこには面倒な関わりで無くて、でもシンプルな付き合いがある。

そのためには、個人として自立した気持ちが必要なのです。

シンプルに考えて、

人間関係を面倒なものとしてみてみると面倒な色眼鏡。

自由を求めて難しいものとなってしまうかもしれませんよ。

要所要所で見直しながら、関係性を刷新する。

この世界は私たちに世界を発明しなさい、お試しの実験を求めているのかもしれません。

 

 

 

関連記事

  1. 2018年新月「流された船着場」

  2. 5月8日 葛藤の中にある希望の種

  3. 目を開けると光が降り注ぐ。

  4. 女神(イブ)からの父性と母性のあり方を見出していくこと。

  5. 2018年4月23日 星の練習生

  6. 始まりを終わらせること

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA