意図、創造、具現化へ

何かを行おうとする時はスタミナ、精のつくものを食べますよね。

自分の中に何事かを行うには自らにエネルギーが充分にないと難しいのです。

思いがたくさんあってもそこから具現化させるエネルギーは

エネルギーが変換されている。そのためには生命の力、喜びや

と現実化はある程度、肉体レベルで起こるから具現化と言われます。

何かを行なおうとする時はまず内省し自分自身と取り組まれると思います。

そこに自分のエネルギーが十分であり、創造する力、生命エネルギーが十分にないと

どうしても現実化する、行動化して現実に働きかけることを負担に感じて

身近なことで満足してしまうかもしれません。

それは買い物による所有欲、性的なパートナー、自分の理想を体現した人を追い求める投影という形で幻影のようなものを創造する、見つけ出すことにエネルギーを費やすことになったりする可能性もあります。

しかし、本来、意図したもので無ければそれは実現化、具現化されることは難しいかもしれません。

本来の意図することであることかどうかは、このはじめの意図している本当の目的をしることが大事なのです。

その目的、長期的で全体的な方向づけがしっかりしているかどうかでしょう。

先程のパートナーを求めるということでみると

もしパートナーが生活の安定をもたらすものと位置付ければ、仕事を頑張って収入をあげるというものに入れ替え可能ですので、そのパートナーを得るという意図はぐらついてしまいます。

エネルギーを整えることで本来の意図

創造具現化へのプロセスが呼び覚ますされることでしょう。


個人セッションは随時承っております。

お気軽にお問い合わせください。

メニューにてご紹介しています。

https://kodamarin.com/course/

メニュー選択に迷われましたらこちらです。

メニュー選択に困られましたらご覧ください。

関連記事

  1. 幸せと成功を阻むエネルギーを解除する

  2. 挫折や苦手意識、囚われから解き放つ。

  3. 過去から未来を描くのをやめる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2018.11.14

    木星が射手座入りをしての木星ー社会システムと善なること

  2. 2018.11.10

    香りを焚く、火を焚く行為の原初の体験ー精油ータイム

  3. 2018.11.10

    逆境の使い道-本質と内なる動機

  4. 2018.11.06

    藤田嗣治さんのヘリオセントリックを読んでみた。

  5. 2018.11.06

    藤田嗣治さん「強靭な精神力、そしてやさしさ」

  1. 2018.11.16

    ローズー宇宙のロゴスと宇宙的な愛

  2. 2018.11.06

    11月6日 繋がる、繋げるわたしから。

  3. 2018.11.05

    レポート)没後50年 藤田嗣治展「生きる姿を観た回顧展

  4. 2018.10.23

    再起の中で、皆を繋げる力を持つ高橋克典さん

  5. 2018.10.22

    アニマルメディスン)運の休息を大事にすごすと運命が動き出…