2018年、映画から見る、自立、共生、女性性の成長。

2018年を振り返りも兼ねて映画のお話。ヒーリングセッションの中で、神話的、物語の役割から抜け出し、自分を生きることへの一歩を踏み出す瞬間に立ち会わせていただくことが多かった一年でした。

そこから映画のオススメをしたい。

今年はよい映画をみました。

  夜の浜辺でひとり

  寝ても覚めても

この二本が特に印象に残っており、再度観ることが出来たら観に行ったであろう。

夜の浜辺でひとり

夜の浜辺でひとりは、不倫問題で仕事を捨て、ハンブルグへ。移住している友人を頼りながら韓国にいる恋人からはいくよという返事。不安ながらも待つ。来るはずないよねなんておもいながらも、信じたい自分もいる。友人と街をあるき、公園をあるきながら、恋人をまつ。自分の目の前には、木々やひとが行き来する。しかし、そこに恋人はあらわれない。

ぼんやりとただようように生活をしている。自分の未来も見えず、なにかをまつような日々。

韓国にもどり、旧友たちとあい、また女優に戻ろうかと思う。

そして夜の浜辺でひとり。

恋人が近くにいることを知る。

そこで恋人と話す。彼とは終わったんだと知る。

本当に終わったんだ。終わったとして歩き出す。

とても静かに終わっていくのですが、良い映画でした。きっとこれは夢の中で再会し、自分の本当の気持ちを知る。彼の愛、同士として感じた思いを受け止め、歩いていく。

本当のことは、私の中にあって私の本当と歩いていく。

覚悟しかない。

この言葉には色々含んでいて、なかなかよいコピーだ。しかし、さ、そこに歩いていくしか彼女には行き場はない。行き場はないのに、あると思ったことで行き場ないようにただよう時間が過ごすことに。

この作品の監督と女優も実際に不倫、付き合っているらしく。

作品の中では、監督と女優の恋愛によって互いに自分の立場が危うくなる。そのことにより、女優は海外へ。監督は噂ではスランプに陥っているという噂をきく。映画は、女優の側からどう自分がなにものかをしり、選び取る姿を描いている。

本当によい映画だった。孤独だけれど心の強さ自分で立つ姿は美しかった。

寝ても覚めても

こちらは同じ顔をした男の間で揺れ動く女の話。っていうか、そんなはなしでもないのだけどそのように紹介されている。

東出昌大さんが二役をされています。私は彼は全く演技が下手と思えないのだけれど、発声で損をしている。

この映画も帰りになんだか幸せな気持ちになって帰りました。tofubeatsさんの歌も素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=APyYqRFbIFE&feature=share

こちらでも更新しています。

関連記事

  1. みんなのレオ・レオーニ展にいっってきた。

  2. レポート)没後50年 藤田嗣治展「生きる姿を観た回顧展

  3. 田中一村展

  4. チャペック兄弟と子どもの世界展

  5. パンク侍と文楽鑑賞

  6. 10月5日 大阪城公園めぐり。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA