水瓶座の魅力・沢田研二さんのコンサートにいきました。

沢田研二さんのコンサートに行ってきました。

私が幼い頃には沢田研二さんはとてもスターだった。御本人もトークコーナーで先日のドタキャン騒動について語られていましたよ。

やはりなんというか沢田研二さんはスターだった。

怪しい、恋愛の歌を歌わられると怪しい。しかし社会的なテーマで歌われると爽やかさ。

今回のコンサートはギターの方柴山和人さんギターの方との二人のみ。

フォークでなく、エレキギターの方のギター演奏のみでのライブでした。

どうしてもエキゾチックスの頃のものをバンドでみたり、そういえば私の好きでした下山淳さん(ルースターズ!!)もバックでされていました時期があります。

しかし、これからは二人でやっていくようなことをいっていました。

十分素敵でしたが、打ち込みとか好きなテクノ好きの人間なので、どんどんそういうものを使って電気グルーブのように派手な音で活動してほしいな。

という個人的感想。これも幼い頃にみたジュリーは鮮烈でした。私も月が水瓶座で個人天体が全て火と風のサインに強くあり、あのテレビでみる怪しいジュリーって強烈でしたのよ。

これは自分の期待でしかないのでジュリーは変わらず好きにやってほしい。

水瓶座だったらやはり社会問題が気になると思うので、反原発の著名運動をされているのも理解できるものです。

幼い頃に好きな俳優さんは時代劇でも女性のように青いシャドーをいれていた。皆、化粧していた。そういえば、そんな時代でしたよ。


 

沢田研二1948年6月25日鳥取県生まれの京都育ちだそうです。

奥様は田中裕子さんですね。

沢田研二さんは太陽が蟹座、月が水瓶座です。

キョンキョンの逆バージョン。小泉今日子さんは、水瓶座太陽で蟹座に月です。

豪快な女性、姉貴なキャラです。

この水瓶座には、てんびん座海王星、獅子座に土星冥王星が重なりアスペクトしています。

1970年以降は冥王星がてんびん座を移動したので、1970年代以降の美しい、この世ならぬオーラや容貌、ちょっとどこを見ているのだろうという異星人的な魅力が開花する流れでもあります。

水瓶座は皆のもの、自己をなくして他に与えるというニュアンスがあります。

感情というものが苦手なので、冷血動物的なニュアンスも出ます。ちょっと昔のいわゆるイケメンと言われる沢田研二さんは爬虫類っぽい。

沢田研二さんは、獅子座に冥王星もあるので、もうこれはうまれついてのエンターテイナーです。そして冥王星に土星って権威者ですね。

そして、昨年ドタキャン騒動が起こるっていうことは、この権威者でありたいという意欲がコンサート会場が満杯でないと俺はしませんよっていう言葉になるのでしょう。

インタビューでも「見栄をはらせてくれ」的な事を言ってらっしゃっいましたが、流石にこの権威、王様ですので、

7000人入ってない、空席がたくさんではだめなのです。

一生、7000人規模で人を集めることができないのが普通なのですが。

さすがスター。2018年は蠍座に木星が滞在していましたので、このみずがめ座とししざのスターな配置に

少しプレッシャーがかかる、明るみになるということなのでしょう。

それでもやはりスターなのですよ、ファンにとっては。

ご自分でもトークコーナーで、昔は美しかったともおっしゃっていましたし、昔のスター的なニュアンスで自分を揶揄されていました。

70歳の今は土星期が過ぎようとしています。数年は継続するというところはありますが、次の天王星の時期となっていかれる流れの中の一つのくぐりのような流れなのかなと思いました。

沢田研二さん「カサブランカ・ダンディ」

あぁ、美しい。ご自分でも美しかった頃というのも全くOKです。自画自賛OKです。

コンサートはこの曲から始まりました。

はじめはちょっと割れている時もあったけれど、歌が安定されていてさすがでした。

沢田研二 「ヤマトより愛をこめて」

コンサートが終わって会場を出てくる人々の話から

こちらの曲が人気があるようでしたね。「宇宙戦艦ヤマト」の主題歌のようで皆さんが知ってもいらっしゃるようでした。

 

エレクトラとエディプスコンプレックス

コンサート中に、歌詞の中に「ぼくたちは)永遠のエレクトラとエディプスさ」というような歌詞に反応してしまいました。

エレクトラ・コンプレックス

呪いの解放への歌ですからね。恋愛だけれど。

僕もおんなじようなものです。そしてこれはプラトニックですから。

そのために共闘しましょうとも聞こえる。

 

歌詞など含めこちら

こんな歌を歌っていたのですね。

恋愛で僕を信じて一歩前へ的な恋愛の歌ですが、ある意味すごいですよね。

呪いの解放への一歩を!!ですから。

歌詞は沢田研二さんです。うーん。密かにすごくないですかね。水瓶座の無責任さとも取れますが、結局自分で決めないといけないですし、未来はある意味不確かであり、ありきたりでない分だけ不安はおおいよね。

誰かの愛があれば一歩は踏み出せる。



アカシックリー―ディング&ヒーリングサロン Space/hyperion アストロシャーマン・コダマ凛

大阪市中央区森ノ宮中央1-11-3 第一森ノ宮中央ハイツ402

サイキック&チャネリングセッション、ホロスコープからあなたの魂を解読・親子のホロスコープ・タロットリーディングセッションなど御提供しています。

メニューのご紹介

お客様の声

プロフィール

ご予約

講座やワークショップも開催しております。

講座の開催のお知らせ

ワークショップのお知らせ

Follow me!

投稿者プロフィール

kodamarin
kodamarinアストロシャーマン・コダマ凜
アストロシャーマン・コダマ凜
永遠の道を歩む、意識の中心へと至る
そして神聖な空間へと至る。

アカシックライフヒーリング

アカシック・レコードを解読し、チャクラやオーラのエネルギーフィールドを読み取り、より良いエネルギーの循環に整えます。そして未来からの情報をより意識化しやすい方向へと霊・魂の計画へと繋げるサイキック&アカシックヒーリングセッション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA