関係性は日々変化し、別離や出会いを繰り返す。

先日、ある男女の俳優さんが長い春でお別れしたということが話題になっていました。

その内容には、「その方がもう十分有名になり、実力相応も含めて売れっ子になったので、女優さんがそれでは自分が必要ないでしょう」ということで身を引いたというニュアンスが込められていました。そして女優さんは動物愛護に熱心なので、そちらのほうが今は夢中とのことだった。

「相手が成長して一人前になったから、自分は必要なく感じて別れる」って不思議な考え方ですよね。

動物愛護に夢中と言われたりしたら、つい相手の男性のことも愛護的に保護していたのか?という考えが

ひっそりと潜んでいるようでもあります。母性と取るのか?父性なのか?

男性としては、とても都合がいいようにも思いますし、女性は成長させて満足という母のような、姉のような役割としての自分が強いのかなとも思います。

しかし、なぜそこに残らないのか?これから相手が有名になり、実力がついてからどのような人になるのかを見たいという思いはないのかなという気持ちもしますよね。

これはそれぞれの人の付き合い方や関わりの価値観があらわれて面白いです。

私も女性なので、周りをみてもある一定のこのように感じる女性、相手がぼつぼつ良い状況になったので、

離れないといけないでしょうかね?と考えている人は多いのです。

男性はどうなのでしょうかね。

どちらかというと男性は相手がよい状態になったら、捨てられると捉えているようにも思います。

私、個人的には、「飽きた」「関係性に飽きた」と言われる方がまだわかるような気もします。

相手を支えるのに頑張りすぎて、飽きた、十分ですという方がわかるような気もします。

感謝されてもね・・・という側面はあるような。

やはり人間関係には互いに熟成していく関係の人、切磋琢磨したりする関係。労りあってほっこりとできる関係と様々です。

そして自分が少し前を走っているからなにかを伝えて上げたいと思う関係というように

人生のステージの中で出会ったタイミングと共に関わりが決まってくるし、タイミングがずれるとよい相性でも離れたりもあります。

そして、どれだけ良い関係でも離れる時期というのも訪れます。

一緒にいても、微妙だったり、会話が弾まなかったりと。無理しないということも大事ですね。

生まれた時の星の配置に天王星が絡んで来ると

別離や自立、何らかの距離を生み出すような流れになります。それに電気関係のことなども身近になります。


相性や関係性についてのご相談はお気軽にお問い合わせください。

ご予約お待ちしています。

こちらでも恋愛や結婚についての記事はございます。

セッションメニュー

 

講座やワークショップはこちら

 

Follow me!

投稿者プロフィール

kodamarin
kodamarinアストロシャーマン・コダマ凜
アストロシャーマン・コダマ凜
永遠の道を歩む、意識の中心へと至る
そして神聖な空間へと至る。

ホロスコープ

ご予約おまちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA