プロキオンとエニグマ:フレディ・マーキュリーのパランを読む。

先日、クイーンの映画を観てきました。

ボヘミアン・ラプソディ

ご本人たちと俳優さんたちが似ていてびっくりなのですが、ブライアン・メイは思わず御本人かという感じで、私の時間軸のねじれを感じたりもしました。似ていると言うよりも、何歳なんだ~というツッコミが必要ですね。

映画は、フレディ・マーキュリーを軸にして、その人生を描き出し、歌に魅了されます。

大きなスタジアムの中で自分を歌う姿に感動しました。というかその観客との繋がりに感動するというのでしょうか。

フレディ・マーキュリーのその傷が、其の傷を負い、生きる姿を歌にした。その歌はそれぞれの人のものなのだと言うこと。

皆の思いを背負う存在であるスターについて考えさせてもらえる機会にもなりました。


スタジアムの光景がまるで、大きな船というような印象もあります。

 

 

エニグマとは?イミテーション・ゲーム

 

Follow me!

コンタクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA