占星術)サターンリターンってなんですか?納得する大人になるための兆し

アストロシャーマン・コダマ凛です。

サターンリターンの時期にサロンに訪れてくださる方も多いです。

29歳前後の時のあなたはどのような事を考えていらっしゃいましたか?

この時期はある意味大事な自分の目標に気づいていたら、駆け出し始める時でもあります。
そして様々な経験や関係があなたをある方向へと導くように進んでいきます。


このソーラーリターンとは

もちろん出生図(ネイタルチャート)の土星は動きませんので、出生図の土星の位置に

現在の土星が帰ってくる、移動してきたことを「サターンリターン」といいます。

土星の公転周期は、29.5年ですから、どんな人も29歳くらいの時期に迎えます。

土星は占星術では、制限を表す星と言われます。その象意が担わされていますのでこの土星が戻ってくるということは

出生図(ネイタルチャート)の土星の意味が迫って来る時期とも言えます。

小さい時は、祖母や周りの長老的な存在、家族のルール、両親からの教えとして認識していたことでしょう。

しかし29再前後になると、自分自身がどのような社会人として、どのような大人になりたいのか?がリアルになってきますよね。

もう29歳を過ぎた方や年齢が近づいて来た方も腑に落ちる所があるのではないでしょうか?

土星は社会天体と言われ、個人で自分を満足させるという日々から外に他人がいて、その他人と自分、社会、組織との関係性を

改めて考えさせてくれます。

もちろん幼い頃から社会や大人を意識して育った方もいらっしゃるでしょう。

しかし、このサターンリターンは、自分が関わっている大人(両親・親戚)や社会の価値観と自分は違うんでないのかな?と感じることも多い時期です。

人によっては、29再前後は勤めていた会社を辞めてしまい、趣味を仕事にしようとした。転職した。独立した。

そして結婚するともいえるタイミングだと思います。

だいたいは、「なに甘い事を言っているのだ!!」と怒られるのです。

ここで萎縮してしまうと自分の土星ではなく、他者の土星で怒られたことを意味します。

このサターンリターンは、誰かや社会が与えてくれた防波堤のような価値、もしかして今までは自分を守ってくれたかもしれないけれど、このタイミングでリアルにその防波堤が邪魔です。邪魔なので、自分の人生をコントロールし、目的に達したいというように認識する、または誰かが背負ってくれていた責任を自分が背負い、自分がその責任、価値とともに生きることに繋がっていきます。

両親や周りの方から見れば、ある意味立派にお子さんが成長されましたねってことなのです。

ご両親の価値を否定しているのではなく、自分の人生観や大事な事に気づいたのです。

そして、あるがままの自分を引き受けていく力をつけていくこと。

 

サターンリターンは子供から大人になっていく自立の始まり。そして自分を引き受けていく。

それまでの価値がしっかりと自分と不一致がなければ、そのまま継続的にその社会に所属し、

その中で責任を負っていかれるのでしょう。

結婚し、家族をもつとはそういうことです。

その所属する価値とは違うのではないか?ということがわかれば、数年かけてでも少しずつ変化する方向へ

歩もうとされるのではないでしょうか。

ご結婚されていたら、人生観に違いが出てくる時、子供の養育の仕方の違いとか。進学の価値とかね。

サターンリターンは、今まで自分以外の両親や年長者、所属する社会、ご近所?の価値から自分の価値として認識する時なのですね。

ある意味、世間体とか常識と言われるものです。結局は人の目と言うような曖昧な価値だったりもするかもしれません。

この土星をものにできたら、誰に文句も言われる筋合いはない。その文句を言ってくるのはまず、親、親族でしょうが、

そこから先は、なにか、誰かのためになにかするという責任という土星のテーマが成長してくるのです。

そして立派な社会で自我、時間の有限性の中でコントロールを成し遂げ、しっかりとした自分の哲学を確立した人となるのですね。

この責任ということですが人によったら、まず自分の生き方を大事にすることが

優先的な人生の方もいるので過剰に責任をとる、立派なオトナ、憧れの部長なんていうものになろうとしなくてもいいのです。

世の中に背を向けて、好きなことをしに来たのですねって方もいます。

どのように生きても、そして背中を向けて好きに生きるというのもなかなかの自立性に繋がる担保が必要なので

早いうちに自分は会社勤めは向かないかも、第一嫌だ。

それに気がつけば、自分の能力を伸ばす機会を増やそうとされるかもしれません。

収入にしようとすれば、どうしても社会との接触は必要。

きっとそれは社会に還元できるかと思いますので、先に収入や諸々の責任問題を考えすぎず、

まず自分の取り組みを大事にするのが良いと思います。

土星は単なる人の目、世間体と言う風にも言えます。

一度の選択で全てが決定するわけではありません。

その変節を繰り返し、より自分らしく大人ってこういうものだな、こうなっていくんだなということ。

そして、自分の人生、関わることの全てに責任を感じる力をつけていくんだ。

基本的にホロスコープはあなたのものであっても、関係性で成り立つ、引き受けざるを得ない役割でもあり、配役のようなもの。

配役は自分で選びながらもなんだか、関係性で与えられてしまう。うまくいかないって場合もあられるでしょう。

この世界は一致と不一致のめぐり合わせなのですから。

大人といっても何度も言いますが、立派な大人になろうとしなくてもいい。

立派かどうかは他人が決めることなのですから。価値観が違えば、立派とは思ってもらえない。誰からも尊敬されることはないのですから。

ここでまた人の目を気にしていると思って笑ってみるのも大事なのです。


私自身を振り返ってみると学ぶこと、興味あることに踏み出して行った頃です。

それまでも結婚や出産に全く興味はなかったのですけども・・・。

私の土星は土星外惑星の神の手状態なので、いまでいうスピリチュアルな方向へと進んでいきました。

オーラ・ソーマを受講したり、アロマなどの資格取得などし始め

その前にも整体やリフレクソロジー(その頃は足底療法士)、

ディープブレスなどのセラピーやカウンセリングなどを学んでいました。

オーラ・ソーマに出会い、これが私にはあっているのではないか?と思った時期でもあります。

読んでくださっている方の29歳前後はどのような時期だったでしょうか。

土星なので家族のこと、家、会社、上司との関係、価値観の模索の時期だったかと思います。

そしてあるスパンで価値の変化が起こり、土星が表す29×2周=58さい頃にあなたの土星、

哲学があわわれるのではないでしょうか。

哲学と言うと難しく聞こえるかもしれません。がそれぞれでいいのですから。人の目を気にしない。ニカッ。(笑)

ホロスコープのご相談は下記から↓

遠方の方はお電話・スカイプでも承り可能です。

アストロシャマン・コダマ凛

kodamarin
kodamarinアストロシャーマン・コダマ凛
アストロシャーマン・コダマ凛
サイキックリーディングを主体として、必要なもの、役立つものを使用し様々なご相談やご希望に沿うリーディング&ヒーリングをおこなっている。

ホロスコープカウンセリング

よく生きるために運命を知り、超えていく。未来創造は自分自身を知ることから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA