10月9日 翼をもがれるということはどのようなことか?

コダマ凛です。

オープンな姿勢(オープンな姿勢で意見の交流を)とお伝えした流れは変わりません。

人と人との繋がりの賞味期限的なものってあるのでしょうか。

確かにずっと同じところにいて、同じ顔ですごそうとされる方も多く、大阪・堺や八尾などは地元で育ち、結婚する方々も多いと知られています。どの土地もそのような土地はあられるのではないかと思いますね。

大きく人生が変わる時は人との別離も多くなるものですし、

もしかして引きこもりになって、人に会えないという体験を過ごされた方も多いのかと思います。

ある時にそのような時期を過ごすことは

悪くはありません。

同じところで同じ仕事をするという人生はもしかして難しくなっているようでもあります。

そのように生きることが困難な傾向がある人も、日本の同じ会社、同じ仕事で一生という期待に巻き込まれているようにも思います。

自分の生き方というものにフォーカスして、自分の期待に沿えるように頑張って見られるも良いのではないでしょうか。

誰かの価値に合わせるのは、負担が多いかもしれませんよ。

翼がもがれるというのでしょうか?

あなたの個性が均一化させられるということ。

 

スケジュール

 


 

個人セッションはこちらこちら

初回のホロスコープなどは、90分以上のセッションですとじっくりと過去と未来を見渡すことができます。

エネルギーの転換・変容を求められる方はヒーリングを合わせることもできます。

 

 

Follow me!

   

関連記事

  1. タロットから読み解けるもの

  2. 10月2日 安心感覚の目覚め

  3. アロマ瞑想会、言葉にしないこと、無意識が味方になる

  4. 10月3日 穴熊から出たら季節が変わってた。

  5. 2019年3月21日、宇宙の新年、春分と満月

  6. 8月18日~一週間の星読み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA