journal

西洋占星術のクラスが始まっています。

コダマ凛です。

西洋占星術のクラスが始まりました。お久しぶりのIさんからご依頼をいただき西洋占星術のクラスが始まりました。

この講座はネイタルチャートを解読し、三十円、未来予知まで行えるような知識と実習をしていただく講座となっております。

西洋占星術講座についてはこちら

数年ぶりにお会いしましたがお互い変わらない二人ですが、すでに数年も経っているということが不思議です。今は西区にいらっしゃり、東側にいる私と入れ違いという風でもあります。大阪は西と東では大地の風合いというか強固さが違うので風来坊的な気質には西が合うかと思います。東側はやはり岩盤がしっかりしてくるというか、ある程度海底ではないという空気感を土地として醸し出しています。

大阪の西側はある意味海底なので、自転車や車で移動していると舟に乗っているような気持ちにもなって幸せでもあります。

森ノ宮のサロンがある場所は、聖徳太子の実家があったといわれる森ノ宮神社があり、今道路の場所には川が流れていたのだそう。

縄文地図で見ても、目の前は海だったということでかの昔は舟の往来があったのかと思うと面白いです。

そういえば西側の西長堀という土地から少し離れた土地は今も遊郭街があるのですが、江戸時代の終わりには京都から勤労の志士たちが船にのって遊びにも来たのだそう。なんだかゆっくりとした時間を感じざるを得ません。その船に乗りたいなと思いながら、川であったかもしれないところを自転車で走るのがとても好きでしたね。

皆さんも住まれている土地や職場の土地の歴史を知られると面白いかもしれませんよ。

森ノ宮や玉造周辺は玉を磨く、造る人々が多く住む土地だったようです。関西は歴史が古い?というか渡来人の方々との歴史が残っているので

その渡来人のプロ集団との関係が土地に残っていることが多いですよね。

占星術の話に戻らないといけない。

占星術は私たちの物語る素質を表していると思います。

何故このように世界を思い描くのか?人との関係の中にある悲喜こもごもな出来事や思いを理解するにはとてもよい学びだと思います。

西洋占星術はネイタルチャートから三重円、そして未来予知を解読するカリキュラムです。自分自身の人生の物語を解読することで自分自身を理解する方向がわかるかもしれません。

生きているとほかの人の生き方が素敵だと思ってしまうことも多いです。人生の大変は関係ないことに費やす時間が多いものですよね。自分を理解したい方にはおすすめです。

占いというと頼ることはいけないとおっしゃいますが、自分自身の中には答えはないかもしれませんよね。

答えよりも状況が変わってしまったら、やはり人は状況に合わせてしまうものです。状況が変わらないし、何をしていても変わらない自分と出会うということでは揺れないホロスコープなどの情報はいつでも開くことができるので頼もしいものであると思います。

占い―ホロスコープは頼もしい自分の味方であるということ

 

今はマンツーマンのクラスのみなのですが、いずれは物語としての占星術講座なども開催したいと思います。

小惑星占星術の講座は10年以上前に開催をしていたのですが、今はめっきりとしていないですね。

 

-journal

Copyright© onetaste , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.