2019年1月1日今年一年は?

あけましておめでとうございます。

月は蠍座を移動中です。火星は魚座の最後にあり、元旦11時過ぎには牡羊座、春分点を超えていきます。

元旦の星の配置は一年を表すとも言われます。

太陽は山羊座10度「手から餌をもらうアホウドリ」自分が属している環境の限界を感じて、異なる文化や習慣に生きている異質な人に対して、積極的にアプローチをするというサビアンとなります。毎年この前後あたりには太陽がある可能性が高いので、新年は異なる方向へと歩もうということ、挑戦などを目標に掲げる方も多いことでしょう。

この度数から今年は移民といいますか、海外の方々のお仕事に対する法案なども2018年に成立していたため、異なる人たちとの交流という面は強まるのかもしれません。

その太陽の横には土星があり、魚座海王星、蠍座月と良い配置を保っていますよ。

2019年

自分自身の自然を学ぶー規則正しい生活を行う。異なる人々、価値観に対して心をひらいていくこと。スピリチュアルな学びに取り組んでみる。価値観によっては、実際的でないようにみえて、それはとてもあなたの魂を震わすものになるかもしれません。楽しいこと、喜びがあることに人々は集まるであろう。あなたも馳せ参じてくださいね。

株価は心配である。お金の価値観が変化。もしかしてのキャッシュレスな流れが加速する可能性。もっとお金の価値観、自分らしいお金との関わりに取り組もう。人との関わりによってあなたは自分を理解することができる。

楽しいこと、無理のない自然な私でいることが私の人生に喜びをもたらすことを信じることができる。

とても気のあう人々との繋がりが支えとなる。

興味のあることを始めましょう。迷いを手放すためにとびこんでみよう。

前回の満月では離反して、別れ、分離を体験する可能性をお伝えしました。

たしかに今までの自分が変わるためには離れることも必要なのかもしれません。

前回お伝えしたように、捕鯨の方向に日本は舵をとりましたね。

別れるということよりも、違うのね、知らぬ間に優先順位が変わっていた。

2018年12月満月 船に掲示される巻かれ広げられる旗

クジラという哺乳類は、アニマルメディスンでは、アカシックな動物として記録の保管を表します。

全体性の中にいる私たちのことを忘れて、我欲に走りすぎなのではないかと心配でありますね。

体調を崩している方も多いことでしょう。

12月を過ぎてから喉を痛めてしまい。本来の体質が出てきて、回復までに手こずってしまいました。ちょっとした体調不良ぐらいでは、セッションの質はそれほど影響はないのですが、日々の計画的な要素でこの体力っていうのがとても大事なのです。体調不良はセッションで治るという側面があるんですが、ほかに何もできないという側面が浮上してきます。ブログなどもなのでアップできずにおりました。

もともと喉が弱く(太陽おうし座)、喉につかえを感じやすいんですよね。若い頃に勧められた半夏厚朴湯という漢方を飲んでみました。やはり効果が出てきています。

これは喉につかえを感じやすい。そしてエネルギーの循環がうまくいかなくなるらしく、自分自信でエネルギーの流れを見たときに、上への流れとしたへの流れが悪いんだなと思っていたらまさにそのような体質の人に適する漢方のようでした。

そしてこの漢方は精神不安の人に良いらしいです。若い頃、意味なく死にたいとか思ってました。消えたいかな。

中学の時は、その日のことを時間を戻して振り返るということをしていました。これはシュタイナーも取り組むべきこととして言っていることだそうです。そういうことをしないと日々眠れなかったんですね。ふたご座の水星がブンブン敏感になにかを受け取ってしまっていたのでしょう。

20歳超えたときは体がボロボロで大変でした。またあのような体質が出てきているようなので、これも年齢からくるものなのかなとしみじみです。コーヒーが飲めなかったのに今、とても飲み過ぎているようにも感じます。すこしずつ、身体と対話をしながら自分に良いところを探してみたいと思います。

周りの方も体調を崩している方が多いようです。身体って忘れていれるぐらいが幸せなんですよね。だからこそ、日々の取り組みが大事かなと思ったりもしています。

忘れているから、体に思い出してねと言われているのでしょう。

健康ならば、前向きで、日々楽しむ気持ちにもなりますものね。

何かよいものを、沢山の良きものによって自分が変わるという楽しみにも溢れた一年でもあります。

2019年からこちらのスペースで星のことや諸々情報をアップしてまいります。

ブログページでもアップしておりますので、よろしければそちらもご覧くださいね。

1月6日は新月です。