ブログ

2022-01-02 13:42:00

出産の言語と生む、生んでもらう関係性ー養育

私達は母との関係だけでなく、生む、生んでもらう関係は日々生まれています。

それは人と人が出会う救いでもあるのでしょう。人は多くは親子関係に縛られていますが、外界に目を向ければあなたを救う手立てはたくさんあるものです。

あなたが心置きなく生きることをサポートしてくれる存在は人間でなくてもいいのです。

504c014db7626da9ab3ac76004c06c37_381fc30f867eb39ce670b934ba1f2810.jpg

 

出産の言語と創造すること、生まれること、生み出すこと


私達の言語には誕生そのもの、あるいは比喩としての誕生にまつわる表現が満ち溢れてはいませんか?

私達がなにかをする時にうまくはじめれないこと、始めるということがよくわからないということは多くあります。

「始めれない」「始めることができない」「取りかかれない」

「行き詰まる」「私の居場所がない」「抵抗される」「皆に嫌われる」

「始めてもどうなるかわからないからしても無駄」「後戻りは出来ない」

「達成感がもてない」「納得いかない」「早くここから逃げないといけない」「うまくやらないといけない」

「どちらが良いのかわからない」「これが終わるまで終われない」

「邪魔されているような気がする(だからここを離れないといけない)」

私達は誕生をすること、誕生させてもらうこと、誕生させることにおいてずっとなにかを再体験し続けているのではないか?

相談などを伺っていると、誕生させることが念頭にあり続けると

周りはずっと胎内でいるような状況になられている場合があります。

お母さんが活動的でお子さんより先に行動してしまいがちな方は、お子さんがずっと家にいる、こもりやすくなるということは多くありえます。

消失への恐怖なのでしょうか。

それを癒やすことも、自分が生まれること、自分を生み出すこと、自分を誰かに生んでもらうことの様々な関係性の立場の変化においての

柔軟な対応によって人は自由になるのであろうかと思います。

母との関係だけが生む、生んでもらう関係ではないことは人にとっては救いなのではないでしょうか。

パートナーとの関係、親子でも子供を生んだことで親にしてもらうという考えがありますよね。

それは男女問わず、年齢を問わず、その関係は入れ替わり様々な救いとしてもあるのだろうと思います。

そして、それは人間との関係だけでなくてもいいと思います。もしかして趣味や無生物との関係でも生み出してもらえるのかもしれませんね。

AIとの関係だってありえますよね。

植物や鉱物との関係もありです。

 

2022-01-01 13:38:00

未来の呼び声に応え続けることー自分自身になること、自己を愛すること。

アストロシャーマン・コダマ凛と申します。
大学を出てから身体についての学び、カウンセリングなどの学びを繰り返し、オーラソーマやアロマテラピー講師などからプロとしての道が開けました。
幼い頃から色々な興味を抱き、調べ、体験し、自分なりにその疑問から自分自身を知るようなことを繰り返してきました。

タロットも問いの中に答えはあります。
この出来事の真実とは?真理とは?なにを恐れているのかが分かってきます。
生きることは望む自分に近づき、そしてそれを生きることです。
出来ないことを考えている時間は感情の無駄遣いです。
望むことの未来からの呼び声に応え続け、その道を歩むこと。
きっと未来のあなたがそこにいますよ。
思いの世界は妄想です。
妄想を現実に引き下ろすことは勇気です。誰かにとっては無謀かもしれません。
しかし、自分だけがその思いを現実化する鍵を握っている。
扉は開け続けるものです。

未来からの呼び声はコーリングと呼ばれてきました。
その声の主が誰かはどうでもいいのです。神様や守護霊の声でなくてもいいのです。
あなたの未来からの呼び声に応えることが案外と難しいのですから。自分を信じることは本当に難しいのです。
自分自身を愛するのはその道を歩むこと、声にこたえることが自分自身を愛すること。

 

2008-06-03 15:15:00

クリスタルヒーリングの学びはじめ

クリスタルを学んだのは、その前にアトランティスのヒーリングというものを学んだんです。かれこれ、23年ほどになります。
五感に対して音や香り、色、触覚、食などを多岐に渡ることでアプローチするものだったんだけれども、はっきり言ってなにが起こっているのかがわからないということにひっかかったわけですよ。
やっていることは見せられるし、体験もさせてもらいましたが、結局は「誰もいま、なにが行われているか」がわかっているのか?もちろんヒーリングの目的はあるので、それがうまくいくようにクリスタルボウルやアロマやらがあるし、使われているし、先生はこうすることはこういう成果があるんだということで、わたしもそれにひかれて学びに行った。

面白いとも思ったし、先生から受けた方の感想を聞いても面白いが、しかし、そのプロセスはどうなっているのかが謎だった。

しばらく色々と学ぶ中で、別にクリスタルボウルもいらない、CDでもあの感覚は体験できるし、体験してもらえるとはわかったので、クリスタルボウルを手に入れることなどは諦める。高額でしたし。

もちろんその時にクリスタルボウルやヒーリングに使われる楽器に対しての効果を否定している訳ではありません。

わたしが演奏家?ヒーリングにおけるサウンドセラピストとして探求しないことにした訳です。
話は戻り、ある時にあのヒーリングというものを理解するにはなにがよいのだろうかと思った訳です。いやぁ、色々揃えても、何が起こっているかがわからないのに私は何者なんだ?という疑問はなくならない。探究心がおさまらなかった。

大阪の本町あたりを自転車で走っていた時に、クリスタルヒーリングっていいんやないかと浮かんだんですね。そのアトランティスのヒーリングにもクリスタルが使われていたのでふと、ふと。
アトランティスのヒーリングをなぜ学ぼうかと思ったかというと、オーラソーマを学び、セラピストになり、アロマ講師、アロマセラピストになりたかった私は、それ以前にアロマ講師の資格とトリートメント、リフレクソロジーの資格を持ち、そのアロマの知識とを深め、ヒーラーになりたかったんですよね。その時、友人たちとサロンを始めていたので、深めたかった。仕事もやめて人生をその方向に持って行きたかった。

その頃、よい本に出合わせてくれた古本屋に入ったところ、そこにクリスタルジャーニーって本がありました、
綺麗な水晶の写真が表紙で、これがいいんやないの?とおもいました。
そこから、スルスルって出来事が繋がっていきます。クリスタルを学ぶことになったんです。その頃はサロンから一歩引いた状態です。
クリスタルヒーリングを学ぼうって思った割には、その後に大困窮時代が訪れていきます。クリスタルと出会い、暮らしていく中で、タロットにも出会い、わたしの人生は魂の責任を負うことについて考えさせられていったんです。
あの2000年頃からビジョン、透視的な能力がはっきりとあらわれてきたようにおもいます。
夢と現実が呼応しながら進んでいくような日々が始まりました。

クリスタルヒーリング、ルベライト.jpeg

2008-06-02 14:55:00

アトランティスの学びを越えてーヒーリングを学び始めの頃

コダマ凛です。

 

2000年前後の頃のお話です。アトランティスのワークを学ぶ前は、オーラソーマセラピー、NARD認定アロマテレピー講師養成を学び、取得。

そしてリフレクソロジー、チャクラトリートメントを学んでおりました。

コスモセラピーを学び始めた時にヒーリングというものに興味を持ちました。

コスモセラピーというのは、五感、六感、七感の活性化と申しますが肉体次元の自己と魂の繋がりを高め、高次元の感覚を活性化するセラピー、ヒーリングです。

元々身体の中にある記憶やトラウマ療法に興味があり、どちらかというとボディワーク、今でいうソマティック療法に興味がありました。まだまだ今よりもセラピーが知られておらず、マニアックな領域でもあったんです。

その頃、2022年の30年近く前、

まだまだ日本ではライトボディと言われるようなクリスタル・ヒーリングを含めたヒーリングはある意味主流ではなかったです。

今も学び、講師になったりというような方面としてはスピリチュアルな学びは発展しているように思いますが、実践という面ではまだまだ難しいのかな。基本は瞑想を深めることが大事なんですよ。

アトランティスの時代は、身体に人が入る、宿り始めて、身体から抜け出るのでヒーリングをしているというビジョンを見たことがあります。

現代は肉体に入り込み過ぎて

その肉体と魂や霊性、もちろん精神性などを思い出すということが、ヒーリングにおいてまず起こることの一つなのかもしれません。

クリスタルヒーリングを学んでいた時、案外とすんなりと出来たのですが、やり方が違うと言われたこと。今のやり方はそうではないのだと。

過去生のビジョンがところどころ出てきはじめた時に知りました。

ある時に「コスモセラピー」というアトランティスのヒーリングといわれるヒーリングを学びに広島や東京に訪れた時、

面白い不思議な体験やシンクロニシティが起こり、不思議なめぐり合わせということも体験しました。

 

その学びはあまり実践できなかったのですが(あまりに器材が必要過ぎて、揃えるのに経済的に難しかったというのもあります)

その後、あのヒーリングというものを学び、このヒーリング中になにが起こっているのかを知るにはなにを学べばよいのかな?と思った際に

クリスタルヒーリングが浮かびました。その前に、オーラソーマを学んでいたのですが、クリスタルには興味がわかなかったんですね

ふと自転車を漕ぎながら、ヒーリングを理解するにはクリスタルじゃないか?と何故が思い立ち、不思議な古本屋にはいりました。

人には時にそこに行けば、未来や様々な世界と通じる場ができる時があるようです。

その時はその難波にある古書店でした。(今はもうありません)

すると下記の本が並んでいてそれを手にとり、そこからクリスタルヒーリングを学ぶ事になっていきました。

しかし、何度もやめようかと思ったのですが、うまく出来ない感じや自分自身がクリスタルやヒーリングの場にいることから去ることは出来なくて、粛々とセルフ・ヒーリングとヒーリングをさせていただける時を大事にしながら進んで来た次第。

学んでから20年ほどになるので、昔の初心者のようには出来ないですがこれが継続の妙だなと思います。

何かに出会ったら、すぐわかる。ビビビっていうような都市伝説的なことを言われていますが、それはどうかなと思います。

ビビビは続かないし、やめられないという方が正しいと思います。しんどくても何故か続けている。自分の資質に合わないものは、続けられないかもしれない。

どこかでそれが必要だと感じている。

もしかして、その取り組んでいることがあなたを導いてくれているのかもしれない。

あなたのテーブルに広げられたノートが待ってくれているかもしれない。

自分を変容させ新しい人生に向かう時は資質などは横において、決めたことをただ取り組むべきかと思います。自分に才能があるか?とかお仕事になるのか?なんていうのをきにしていたら、誰でもできることが手っ取り早いです。

何故こんなことをしているんだ~人生が大暴落だ~と思った時もありましたが。(私の場合、知人にもあなたの人生ギャンブルやね、と言われましたが、ギャンブルって好きかもしれないです。)

どうか人生に喜びのための投資、人生のギャンブルを~。

と話が脱線してしまいましたが、私たちの中にアトランティスの人類の資質が眠っていて、そのころの課題に取り組むことがあるとスピリチュアルでは言われている側面もあります。

なにかスピリチュアルな取り組みがしたい。どうしても諦められないならどうかどんな形でも続けてくださいね。

過去ではなく未来へ。

占いというような分野もどのようにその生まれた時の星の配置が作り出すこの3次元的な要素を意志の力で越えていくこと。

人生を今、そして未来に即して自分自身の可能性を生きることができることが大事なのだと思っています。

 

1 2 3 4 5 6